「超」氷河期と言われ就職内定率がどんどん下がる中、採用を勝ち取るのはどんな人材か、企業は採用の際に「何を求めているか」 その本音をお伝えしたいと思います。コミュニケーション能力と人間的魅力で就職活動を突破!

  就職活動 元人事課長が教える 『面接/採用/内定』術のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> ニュースより > 仙谷氏 ついにレッドカード  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仙谷氏 ついにレッドカード

2010 - 11/27 [Sat] - 15:30

失言大魔神・仙谷氏 
ついにレッドカード 守護神の自負はどこへ
(産経新聞)

内閣支持率が直滑降し、
意気消沈する菅直人内閣で
ひときわ異彩を放ってきた
仙谷由人官房長官に
ついにレッドカードが突き付けられた。

弁護士経験に裏打ちされた
巧みな弁舌を武器に
野党の前に立ちふさがる「守護神」を
自任してきた仙谷氏だが、
実際には失言や暴言で
問題をこじらせてばかり。
もはや政権の足を引っ張る
「失言大魔神」と化してしまった。

26日深夜、参院本会議場の閣僚席に
座った仙谷氏にいつもの
傲岸不遜(ごうがんふそん)さはなかった。
問責決議が可決されると苦笑いして一礼。
廊下に出ると「ノーコメント」と記者団を振り切った。
とはいえ身から出たサビといえるほど
仙谷氏の悪評は際立っていた。

「質問に対して侮辱的な発言をする」
        (自民党の石原伸晃幹事長)

「出しゃばり、居直り、はぐらかし」
        (みんなの党の渡辺喜美代表)

「実に珍妙な詭弁(きべん)」
        (公明党の東順治副代表)


民主党出身の西岡武夫参院議長も
「法廷闘争的な答弁をしているが、政治的には通らない」
とあきれた。

内閣のスポークスマンが率先して
ケンカを売るのだから、野党との溝は深まるばかり。
公明党が態度を硬化させたのも
仙谷氏の対応が要因だった。
首相がいくら「熟議の国会」を
望んでもかなうはずはない。

沖縄・尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件では、
仙谷氏の相次ぐ判断ミスが事態を悪化させた。
しかも外交・安保と刑事訴訟法の議論を
すり替え、自己正当化したため批判は増幅された。

「(船長を除く)14人と船が
  お帰りになれば、また違った状況が開けてくる」

仙谷氏は中国人船員と漁船を中国に戻すことを
発表した9月13日の記者会見で甘い見通しを示したが、
中国はさらに態度を硬化。
那覇地検が24日に「日中関係を考慮」して
中国人船長を釈放すると、
仙谷氏は「地検独自の判断だ。それを諒(りょう)とする」
と語り、通常の刑事手続きだと強調した。

法務省の西川克行刑事局長は10月25日の参院予算委で
「この事件以外に外国との関係を考慮した例は承知していない」
と前例のない対応だったと認め、仙谷氏の詭弁を突き崩した。

仙谷氏は衝突時の映像公開も断固拒否、
映像が流出すると「犯罪行為」と断じた。
「逮捕された人が英雄になる。
    そんな風潮があっては絶対にいけない」
(11月9日の衆院予算委)とボルテージを上げた。

中国人船長が帰国後英雄扱いされたが、これに言及はなし。
流出を認めた海上保安官は結局逮捕されなかったが、
仙谷氏が前言を撤回することはなかった。

さらに仙谷氏は事件の責任が自らに及ぶと
「政治職」と「執行職」という造語をひねり出し、
責任を海保の鈴木久泰長官一人に負わせようとした。
この姿勢が国民の怒りと失望を招き、
内閣支持率は2カ月で4割以上急落したが、
仙谷氏が責任を感じている様子はうかがえない。

幕末、江戸城の無血開城を導いた勝海舟は
明治維新後、「国家のためだ」として
役職を退こうとしない高齢の役人にこう説いた。

「それはいけない。自ら欺くにも程がある。
  昔にも、お家のためだから生きるとか死ぬるとか
   騒ぐ奴がよくあったが、それはみな自負心だ。うぬぼれだ」



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


政治問題については、どの判断が適切が、
選択が合っているか、いないか、
それは、後になってわかるなので、
政治内容については、論議を避けたい。

しかし、
一番は、「誰のための自分か。」
が明確になっていないこと。

先見の明という言葉があるが、
坂本龍馬にあったのか、勝海舟にあったのか
徳川慶喜にあったのか、薩長にあったのか、、、それは分からない。
ただし、時代を動かすほどの人間には、「他を巻き込むエネルギー」
があったのだと感じる。


今の政局不安定の状態は、
「言葉をつつく勝負」
になっている。
面白おかしくは見たくない。

緊迫するアジア情勢、今だ続く経済不況など多くの問題がある中、
誰か一人でも、
「私は~~~だ。」「わが党は~~~だ。」などというのではなく

「国家のみなさん、みなさんの代表として選んでいただいた
  総理の○○です。日本国家の安定と、我々日本人、日本に住む
   民のため、内閣、政党、議員、国民が一致団結して
    幸福の追求のため、行動してまいりたいとおもいます!!」

と語れる人物が現れないだろうか。

言葉の端々をつっつき、ケンカするのは、
あまり見栄えのいいものではないですね。

ある本で読みましたが、
「一つの意見を会議で通すには、2つの手段が必要だ。
  一つ目は、本人の情熱
  そして、二つ目は、周りとの調和(根回し)だ。」

敵を作って、やりたいことは通すのは、難しいとおもうのですが。



関連記事

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mensetsunotatsujin.blog137.fc2.com/tb.php/94-f0a57453

 | HOME | 

ごあいさつ

元人事課長

Author:元人事課長
当ブログにお越しいただきありがとうございます。
企業で人事課長をしていた経験を元に今就活をされている方のお役に立てればと運営をしております。
採用を勝ち得る人はどんな人材なのか。今必要なのは、コミュニケーション能力と人間的魅力。多くの方が採用を手にされることを心より願っております。
Twitterでも多くの情報を発信しています。ぜひフォローお願いします!Twitterボタン
Twitterブログパーツ

カテゴリ

スポンサードリンク

最新記事

全記事表示リンク

就職活動に役立つリンク

管理人おすすめリンク

ブログランキング

スポンサードリンク

スポンサードリンク

絶対内定2016---自己分析とキャリアデザインの描き方
絶対内定2016 エントリーシート・履歴書
(ギャッツビー) GATSBY ビジネスバッグ,Black,GB301
無敵のエントリーシート・自己分析・自己PR・志望動機 2016年 (内定請負漫画『銀のアンカー』式)
マイナビ2016オフィシャル就活BOOK 内定獲得のメソッド 自己分析 適職へ導く書き込み式ワークシート (マイナビ2016オフィシャル就活BOOK―内定獲得のメソッド)
人生はニャンとかなる! ―明日に幸福をまねく68の方法
まんがでわかる 7つの習慣
雑談力が上がる話し方―30秒でうちとける会話のルール
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。