「超」氷河期と言われ就職内定率がどんどん下がる中、採用を勝ち取るのはどんな人材か、企業は採用の際に「何を求めているか」 その本音をお伝えしたいと思います。コミュニケーション能力と人間的魅力で就職活動を突破!

  就職活動 元人事課長が教える 『面接/採用/内定』術のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> ツイッター記事 > 「最後に、なにか質問はありますか?」は、 合否を左右するとても大事な質問だった!  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「最後に、なにか質問はありますか?」は、 合否を左右するとても大事な質問だった!

2014 - 06/15 [Sun] - 09:34

都内某大学の模擬面接。

「志望動機」「学生時代、いちばんがんばったこと」といった定番の質問をし、最後に必ず「なにか当社に対して質問はありますか?」と聞きます(私がその会社の人事担当者である、という設定です)。

 大方の企業で、この質問が出るはずです。

 集団面接のかたちでおこなわれた模擬面接では、さっと手が挙がることは稀でした。

 でも、この質問に対しては、「必ず何かを聞くこと」が鉄則です。


なぜか。

 この質問は、その会社に本当に関心と熱意があるかを問うための質問だからです。

 面接でさまざまな質問が投げかけられる中で、この質問がもっとも大事な質問です。志望動機や自己PRよりも、はるかに大事。大事、というのは、採否を分ける可能性があるから、しっかり答えるべき質問である、という意味です。

 本当にその会社に入りたいと思っているなら、当然ですが、突っ込んだ情報収集をしているはず。それをしていれば、ネットなどで得られる情報だけでなく、「その会社で働く人の気持ち」であるとか「どんな雰囲気の会社なのか」を、実際に働いている人に聞いてみたいと思うはずです。

 逆に、聞きたいことがないとすれば、よく調べていないということ。つまり、それほど関心も熱意もない。少なくとも、面接官はそう判断します。
「熱意がある」というのは
「準備をしている」こと

 模擬面接で手を挙げなかった学生たちに、そう説明しました。

 その次のグループは(いくつかのグループに分けて複数回の模擬面接をするわけです)、みんなが手を挙げました。

「長く勤めていらっしゃると思いますが、この会社のどういうところが好きですか?」

 面接官である私に、こう質問した学生がいました。

 これはあまりいい質問ではありません。

「あなたは、この会社のどういうところに惹かれたのですか?」

 逆に、私は質問しました。

 その学生は、うまく答えることができません。

 こういう質問をしたいときには、「私はこう思うのですが、どうなのでしょうか」と、自分なりの仮説を述べて、それに対する回答を聞くのが1つのやり方です。



まず、質問すること。質問しないのは言語道断。

 それが鉄則ではありますが、ではどういう質問がいいかというと、上記のような面接官個人への質問ではなく、事業内容や社風についての確認や質問だと思います。

 社会で「熱意がある」とみなされるのはどういう状態のことかというと、「準備をしている」ことです。

 これは、よく言われることですが、まったくその通り。

「なにか当社に質問はありませんか?」という問いに備えて、仮想の質問をいくつも考えておくべきでしょう。

 もっとも本当に熱意があるなら、対策としての準備などと意識するまでもなく、次から次へと聞きたいことが浮かんでくるものだと思いますが。

 まず思い出したのは、ある会社での一次面接です。

「(最後に)何か聞きたいことある?」

 この一言に返した質問のおかげで、面接を通過したと今でも信じています。

 面接は、緊張と特に魅力的でもないエントリーシートがあいまって予定よりもかなり早く終わりそうでした。

 それでも「何か聞きたいことある?」と聞かれた際、それまで受けてきた企業で聞いた話と、この会社のある事業とを絡めて質問。

 面接官の1人が興味をもち、その話題で話し込みました。

 日ごろ考えていたことと、私の意見が重なったようでしたが、今、上司として働いているその面接官にその話をしても、私を面接したこと自体、覚えていませんでした。

 ですが、評価シートをつけるまでは、「一応、こいつは残すか」と思わせる程度に、1つの質問で挽回できたのだと思います。

 最後の質問をされる頃には既に結果は出ていると思う向きもあるでしょうが、最後だからこそ、伝わるものがあると思います。




引用:http://diamond.jp/articles/-/50846

関連記事

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mensetsunotatsujin.blog137.fc2.com/tb.php/860-dccb2822

 | HOME | 

ごあいさつ

元人事課長

Author:元人事課長
当ブログにお越しいただきありがとうございます。
企業で人事課長をしていた経験を元に今就活をされている方のお役に立てればと運営をしております。
採用を勝ち得る人はどんな人材なのか。今必要なのは、コミュニケーション能力と人間的魅力。多くの方が採用を手にされることを心より願っております。
Twitterでも多くの情報を発信しています。ぜひフォローお願いします!Twitterボタン
Twitterブログパーツ

カテゴリ

スポンサードリンク

最新記事

全記事表示リンク

就職活動に役立つリンク

管理人おすすめリンク

ブログランキング

スポンサードリンク

スポンサードリンク

絶対内定2016---自己分析とキャリアデザインの描き方
絶対内定2016 エントリーシート・履歴書
(ギャッツビー) GATSBY ビジネスバッグ,Black,GB301
無敵のエントリーシート・自己分析・自己PR・志望動機 2016年 (内定請負漫画『銀のアンカー』式)
マイナビ2016オフィシャル就活BOOK 内定獲得のメソッド 自己分析 適職へ導く書き込み式ワークシート (マイナビ2016オフィシャル就活BOOK―内定獲得のメソッド)
人生はニャンとかなる! ―明日に幸福をまねく68の方法
まんがでわかる 7つの習慣
雑談力が上がる話し方―30秒でうちとける会話のルール
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。