「超」氷河期と言われ就職内定率がどんどん下がる中、採用を勝ち取るのはどんな人材か、企業は採用の際に「何を求めているか」 その本音をお伝えしたいと思います。コミュニケーション能力と人間的魅力で就職活動を突破!

  就職活動 元人事課長が教える 『面接/採用/内定』術のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 採用への道 > どうやっても自分のセールスポイントが見つからない人へ  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうやっても自分のセールスポイントが見つからない人へ

2014 - 05/07 [Wed] - 00:28


どうしても、自分のアピールポイントが見つからない人へ


アピールポイントだけを考えるとうまくいきません。
そしてアピールポイントばかりを考えると、嘘っぽい内容が多くなり
採用担当者や面接官からしたら、
「なんだか、作り物の内容のようだぞ」と思われてしまいます。

トップセールスマンが一つの商品をどう売るか、知っていますか?

セールスマンは売りたい商品があります。
その商品の“いいところ”ばかりを研究して、よしバッチリだ!と
お客のもとへ足を運び、いざ意気揚々とセールストーク

、、、でも失敗することが多いそうです。
なぜ失敗したのでしょう。

相手のことを考えてないからです。
そしてプラスの面しか考えてないからです。

まず一つ目について話しましょう。
営業マンが売りたいのは当然ノルマがあるから、給料が歩合だから、校舎の売上に貢献したいから
いろいろな理由があるでしょう。

しかし、売りたい気持ち優先だと決して上手く行きましょう。
営業マンが「売りたい商品」が客の「欲しい商品」とは限らないからです。

例を挙げましょう。
あなたが携帯がほしいとしましょう。iphoneを入手しました。
これで一つの物欲が昇華しました。
次にまた携帯がほしいですか?
携帯ショップにいったら、別の携帯を勧められた。
買いますか?
まさか、買いませんよね。

車もっているのに車買いますか?
文房具はたくさんあるのに文具のセールスにあっても買いません。
家をもっているのに家を進められても買いません。

まずニーズを知ることが大切なのです。
相手が“欲しがっている”ものを売らなければならない。
欲しがっている会社にいけば営業は契約が成功します。

話を就活に戻しましょう。
あなたが応募している企業はどんな人材を欲しがっていますか?

理系?文系?体育会系?
緻密さ?元気さ?礼儀正しさ?

企業によって求める社員像が異なります。
これがニーズです。

あなたの能力スキルの中に、応募したい企業のニーズと合致している部分が必ずあるはずです。
そのパラメーターは少ない数値かもしれない。でもその少ない数値を倍増させて、
「わたしには御社に合う、こんなスキルと能力があります。」と
胸を張って言い切ればいいのです。

履歴書やESを書く場合も同じです。



二つ目の話をしましょう。

プラスの面ばかり考えていませんか?
どういうことか
たとえば、スポーツ関連の会社の営業マンがいたとしましょう。
マラソンのためのシューズを営業にいく。
会社が社運をかけて生産したシューズ。
当然売れるだろう。
売れて当然だと思うだろう。
だからセールスポイントばかりを話します。

でも買い手は残酷です。
そんなセールスに対して思うことは「う~~ん、いい商品だということは分かるけど、、、」

この例でトップセールスをあげた方の話を紹介します。
彼は、営業先で次のように紹介したそうです。

「この商品は軽量化を目指して材料から見直し、まだ柔軟性を持たせるために今までのクッション性を格段に向上させました。」

と、ここまでは普通のセールストークです。
ここからが彼は違った。

「でもですね、、、軽量化を目指し、クッション性を持たせたばかり、インソールの耐久性が従来のものより下がってしまっている可能性があります。高性能ではありますが、購入する上でデメリットの部分もどうかご理解ください。」


どうですか?
“あえて”マイナス面を伝えることは「誠実さ」「正直さ」を印象付け、そのため誠意をもって営業しているという「信頼感」におおいにつながります。


就職の話に戻しましょう。


デメリットを伝えましょう。でも多くのデメリットはメリットに転換させることができます。
落ち着きがない=思慮深い
元気すぎて周りの空気が読めない=自らのポリシーをもっており、他を巻き込むエネルギーに溢れている

あなたのデメリットはなんですか?
それを書き出してみましょう。
そしてそれを転換させてメリットにしましょう。


面接のときには
「私の強みは~~~です」というのではなく

いま26年5月時点では)まだ内定が取れていなくて焦っている人も多くいると思います。

「私には、~~~という弱点がありますがそれを超えるだけの強みがあります。」

と自分のダメなところを認めた上でそれでもその点を超えるアピールポイントをセールスすればいいのです。



あなたはセールスマンです。商品はあなた自身です。


正直に、自分を偽らず、マイナス面も意識して面接に向かってください。



応援します。

関連記事

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mensetsunotatsujin.blog137.fc2.com/tb.php/859-dfe31012

 | HOME | 

ごあいさつ

元人事課長

Author:元人事課長
当ブログにお越しいただきありがとうございます。
企業で人事課長をしていた経験を元に今就活をされている方のお役に立てればと運営をしております。
採用を勝ち得る人はどんな人材なのか。今必要なのは、コミュニケーション能力と人間的魅力。多くの方が採用を手にされることを心より願っております。
Twitterでも多くの情報を発信しています。ぜひフォローお願いします!Twitterボタン
Twitterブログパーツ

カテゴリ

スポンサードリンク

最新記事

全記事表示リンク

就職活動に役立つリンク

管理人おすすめリンク

ブログランキング

スポンサードリンク

スポンサードリンク

絶対内定2016---自己分析とキャリアデザインの描き方
絶対内定2016 エントリーシート・履歴書
(ギャッツビー) GATSBY ビジネスバッグ,Black,GB301
無敵のエントリーシート・自己分析・自己PR・志望動機 2016年 (内定請負漫画『銀のアンカー』式)
マイナビ2016オフィシャル就活BOOK 内定獲得のメソッド 自己分析 適職へ導く書き込み式ワークシート (マイナビ2016オフィシャル就活BOOK―内定獲得のメソッド)
人生はニャンとかなる! ―明日に幸福をまねく68の方法
まんがでわかる 7つの習慣
雑談力が上がる話し方―30秒でうちとける会話のルール
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。