「超」氷河期と言われ就職内定率がどんどん下がる中、採用を勝ち取るのはどんな人材か、企業は採用の際に「何を求めているか」 その本音をお伝えしたいと思います。コミュニケーション能力と人間的魅力で就職活動を突破!

  就職活動 元人事課長が教える 『面接/採用/内定』術のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 採用への道 > ええ!?超人気アイドルの○○が結婚!?  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ええ!?超人気アイドルの○○が結婚!?

2013 - 08/21 [Wed] - 01:06

おはようございます。
こんにちは。
こんばんは。
いつの時間に見ていただいているのか
分からないので、すべての挨拶で。

お越しいただきありがとうございます。



ええと、タイトルだけで、このサイトにお越しいただいた方ありがとうございます。
このブログは就職活動に関する記事や情報をお伝えしているブログです。

でも、タイトルによって反響はまったく違うものになります。

このブログを更新すると私のアカウントのツイッターに更新情報が投稿されることにしています。

通常
「エントリーシートの書き方」
「うまくいく面接方法」
なんてタイトルにするじゃないですか?

でも記事とは離れたタイトルにしてみるのです。
当然アクセスが跳ね上がります。
タイトルだけで、集客ができたということです。

これは、ブログで集客を考えている人、ネットビジネスを考えている人は当然のように
考えている集客方法のひとつです。

ちょっとした工夫なんです。
人の気持ちを集めるには。

当たり前のことをしていたら、これだけ多くの人間がSNSを使って情報発信している時代に
注目されることはありません。


年末から大学3年生の就職活動が本格的に始まります。

上場企業、人気のある大企業には応募が数千も来ます。
その中であなたが「目に留まる」には、どうしたらいいんでしょう。

考えてください。
創意工夫してみてください。



っと、書くと、ESや履歴書に奇抜なことを書けばいい勘違いしないでくださいね。


あなたのポジティブなところ、他の学生よりも目立つ、優勢になるところを伝えるのです。
ただ普通に伝えるだけではなくて、ちょっとだけ「言葉を選ぶ」のです。

長所を考えるより、短所を考えて反対言葉にしてください。
人間は長所より短所から考えたほうがたくさんでます。
自分で考える長所は、ほとんどが自分勝手なものです。


今からもう就職活動は始まっています。
自己分析や自己PRは今からでも始まります。

全力で努力を



また、ぜひお越しくださいね。
               管理人より

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。
読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

関連記事

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mensetsunotatsujin.blog137.fc2.com/tb.php/833-d3ef5c77

 | HOME | 

ごあいさつ

元人事課長

Author:元人事課長
当ブログにお越しいただきありがとうございます。
企業で人事課長をしていた経験を元に今就活をされている方のお役に立てればと運営をしております。
採用を勝ち得る人はどんな人材なのか。今必要なのは、コミュニケーション能力と人間的魅力。多くの方が採用を手にされることを心より願っております。
Twitterでも多くの情報を発信しています。ぜひフォローお願いします!Twitterボタン
Twitterブログパーツ

カテゴリ

スポンサードリンク

最新記事

全記事表示リンク

就職活動に役立つリンク

管理人おすすめリンク

ブログランキング

スポンサードリンク

スポンサードリンク

絶対内定2016---自己分析とキャリアデザインの描き方
絶対内定2016 エントリーシート・履歴書
(ギャッツビー) GATSBY ビジネスバッグ,Black,GB301
無敵のエントリーシート・自己分析・自己PR・志望動機 2016年 (内定請負漫画『銀のアンカー』式)
マイナビ2016オフィシャル就活BOOK 内定獲得のメソッド 自己分析 適職へ導く書き込み式ワークシート (マイナビ2016オフィシャル就活BOOK―内定獲得のメソッド)
人生はニャンとかなる! ―明日に幸福をまねく68の方法
まんがでわかる 7つの習慣
雑談力が上がる話し方―30秒でうちとける会話のルール
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。