「超」氷河期と言われ就職内定率がどんどん下がる中、採用を勝ち取るのはどんな人材か、企業は採用の際に「何を求めているか」 その本音をお伝えしたいと思います。コミュニケーション能力と人間的魅力で就職活動を突破!

  就職活動 元人事課長が教える 『面接/採用/内定』術のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> ニュースより > 経済界、就活解禁「4年生から」で賛否両論  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

経済界、就活解禁「4年生から」で賛否両論

2013 - 04/07 [Sun] - 19:36


産経新聞 4月2日(火)18時46分配信

 大学生の就職活動の解禁時期を現在の3年生の12月から4年生の4月に
4カ月遅らせるよう政府が検討している問題で、経済団体首脳の見解が分かれた。

経団連の米倉弘昌会長は2日、「学生側の混乱を招く」と慎重な見方を示したが、
経済同友会の長谷川閑史代表幹事は同日の会見で「大学側の要請が強い」と積極姿勢を見せた。

 米倉氏は就職活動期間の短縮は「数カ月の間に結婚相手を決めるのと同じことだ」と指摘。
「優秀な学生はそれでいいが、そうでない学生には死活問題になる。
学生の声をよく聞いてあげないと大きな問題になる」と懸念を示し、「長期的に考えたほうがいい」と述べた。

 一方、同友会の長谷川代表幹事は「学生の質の低下を憂えるなら企業も応えるべきだ」と
解禁時期を遅らせることに賛意を表明。
同友会は就活の解禁時期を4月にすべきと提言済みで、
自身が所属する武田薬品工業でもすでに実施しており「とくに支障はない」と強調。
「就活期間が短くなったから優秀な人材が採れないというのは人事担当者の怠慢だ」と主張した。

 日本商工会議所の岡村正会頭は3月の会見で
「個人的には解禁は4月からがいいと思う」としながらも「
一昨年に10月から12月からに変えたばかりで学生にも企業にも混乱が生じる」
と懸念を示した。

関連記事

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mensetsunotatsujin.blog137.fc2.com/tb.php/767-8872d60c

 | HOME | 

ごあいさつ

元人事課長

Author:元人事課長
当ブログにお越しいただきありがとうございます。
企業で人事課長をしていた経験を元に今就活をされている方のお役に立てればと運営をしております。
採用を勝ち得る人はどんな人材なのか。今必要なのは、コミュニケーション能力と人間的魅力。多くの方が採用を手にされることを心より願っております。
Twitterでも多くの情報を発信しています。ぜひフォローお願いします!Twitterボタン
Twitterブログパーツ

カテゴリ

スポンサードリンク

最新記事

全記事表示リンク

就職活動に役立つリンク

管理人おすすめリンク

ブログランキング

スポンサードリンク

スポンサードリンク

絶対内定2016---自己分析とキャリアデザインの描き方
絶対内定2016 エントリーシート・履歴書
(ギャッツビー) GATSBY ビジネスバッグ,Black,GB301
無敵のエントリーシート・自己分析・自己PR・志望動機 2016年 (内定請負漫画『銀のアンカー』式)
マイナビ2016オフィシャル就活BOOK 内定獲得のメソッド 自己分析 適職へ導く書き込み式ワークシート (マイナビ2016オフィシャル就活BOOK―内定獲得のメソッド)
人生はニャンとかなる! ―明日に幸福をまねく68の方法
まんがでわかる 7つの習慣
雑談力が上がる話し方―30秒でうちとける会話のルール
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。