「超」氷河期と言われ就職内定率がどんどん下がる中、採用を勝ち取るのはどんな人材か、企業は採用の際に「何を求めているか」 その本音をお伝えしたいと思います。コミュニケーション能力と人間的魅力で就職活動を突破!

  就職活動 元人事課長が教える 『面接/採用/内定』術のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 会話術 > 説明会で会社の方の目に留まるのは?!  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

説明会で会社の方の目に留まるのは?!

2010 - 11/25 [Thu] - 03:17

自分の普段の行動を思い返してみてください。

「うなづき」

ありますか?


合同説明会、企業説明会、
面接など
希望する会社の方の
話しをうかがう機会は
たくさんあるはずです。

そのときどんな風に話を聞いていますか?
人事担当者の部署の中にも
入社後間もない方もいれば、
もうベテランの方もいます。
そのような、説明会や面接の際は、
どんな方が皆さんの話を聞くのでしょう?
それは、間違いなく、後者の方です。

では、そういう方が話をするとき
なにをしているのでしょう?

ただ、話をするだけじゃないんですよ。
話をしながら、
「誰が話を真剣に聞いてて。」
「誰がほかの会社のパンフ見てて。」
「誰が寝ていて。」など
丸見えです。

きっと後から、悪い意味で気になった方は
そこで、選択から外されるでしょう。

では、人事採用担当者は
どういう振る舞いの学生に目が行くのか?

まず、
「うなずき」の効果
です。

人は自分が話している間は「誰が聞いてくれているか」
ちゃんと見ている、探しているそうです。
話している人の呼吸に合わせて、「うなずき」を入れる。
これ、とても効果的です。
注意!何度もうなずくような真似は絶対にしないでください。
大変逆効果です。

話し手が「~~~ですよね。」とか「~~~なんです。」とか
「~~だと思いませんか。」などという時に
うなづくのです。

では、ここで「うなずき」効果+αを!

うなずいた瞬間はメモをしましょう。
だって、そうでしょう。
話を聞く→参考になったと感じたから→メモしよう。
ナチュラルな流れです。

そして「うなずき」効果+スーパーを!

うなずく前には、しっかりアイコンタクトを
しましょう。
せっかく「うなずき」ができて、
せっかく「メモ」しても、話し手にみてもらえて
いないのは、それこそ大失敗です。

視線を合わせること=あなたの話を聞いていますよサイン
うなずくこと=あなたの話を聞いて、理解、感心、納得していますよサイン
メモをとること=あなたの話がとても参考になりましたサイン


となるわけです。



就活、履歴書、面接など
いろんな場面でみなさんは不安になると思いますが、
相手は人間です。
機械ではありません。

人間だからこそ、人間に好かれる原則があるのです。


今回は「うなずき」の効果でしたが、
ブログの読んでくださっている皆様のお役に立てていれば
嬉しく思います。では。



当ブログにお越しいただき、本当にありがとうございました。
    各ブログランキングに参加しております。
        もしよろしければクリックをお願いします。
   ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ
大学生ブログ選手権人気ブログランキングへブログランキング【くつろぐ】

                      また、ぜひお越しくださいね。
                            管理人より

関連記事

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mensetsunotatsujin.blog137.fc2.com/tb.php/73-cecb79b2

 | HOME | 

ごあいさつ

元人事課長

Author:元人事課長
当ブログにお越しいただきありがとうございます。
企業で人事課長をしていた経験を元に今就活をされている方のお役に立てればと運営をしております。
採用を勝ち得る人はどんな人材なのか。今必要なのは、コミュニケーション能力と人間的魅力。多くの方が採用を手にされることを心より願っております。
Twitterでも多くの情報を発信しています。ぜひフォローお願いします!Twitterボタン
Twitterブログパーツ

カテゴリ

スポンサードリンク

最新記事

全記事表示リンク

就職活動に役立つリンク

管理人おすすめリンク

ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。