「超」氷河期と言われ就職内定率がどんどん下がる中、採用を勝ち取るのはどんな人材か、企業は採用の際に「何を求めているか」 その本音をお伝えしたいと思います。コミュニケーション能力と人間的魅力で就職活動を突破!

  就職活動 元人事課長が教える 『面接/採用/内定』術のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> ニュースより > 【Campus新聞】若年離職 避けるには(上)  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【Campus新聞】若年離職 避けるには(上)

2013 - 02/15 [Fri] - 01:44

おはようございます。
こんにちは。
こんばんは。
いつの時間に見ていただいているのか
分からないので、すべての挨拶で。

SANKEI EXPRESS
2013/02/12 18:21更新


【Campus新聞】「就活の目標を内定を獲得することではない」と
講演する人材コンサルタントの稲井田将行さん
2012(平成24)年12月22日、埼玉県さいたま市のアウトスタンディング本社
(4大学合同_有志学生記者撮影)



 「氷河期」と呼ばれる厳しい状況が続く就職活動。
来年春卒業予定の学生たちは今日も悪戦苦闘している。
一方で、せっかく難関をくぐり抜けて就職したのに、
すぐに辞めてしまう若者も多い。
「若年離職」を避けるにはどうすればいいのか。
4大学4人の学生記者たちがリポートする。

       ◇

 □今週のリポーター 4大学合同 有志学生記者

 ≪就活の目的は「社会でどう活躍するか」≫

 厚生労働省の「2012年版子ども・若者白書」によると、
08年3月大学卒業者の就職後3年間の離職率は30.0%で、
前年の31.1%からわずかに下がったものの、
ほぼ3人に1人という高い水準にある。
10年卒業者の1年間の離職率は13.4%と、11.5%から上昇した。

 若年離職を避けるには、就活への取り組み方こそが最も大切だと考え、
「平成生まれの就活革命」と銘打った講演会を開き、考えることにした。

 講演会は昨年(2012(平成24)年)12月22日、
さいたま市で若者の就業支援などを手がける「アウトスタンディング」の本社で開催。
人材コンサルタントの稲井田将行さん(37)を講師に招き、
約20人の就活生や大学1、2年生が参加した。

 稲井田さんは、中小企業のコンサルティングで活躍する傍ら、大学生の就職支援も行っている。


■内定は枝葉にすぎない

 「就活の目的とは、内定を取ることではなく、
卒業後に社会でどう活躍するかを考えることです」

 冒頭、稲井田さんはこう強調した。
「内定を目的としていては、入った会社に疑問を持ち、
3年で辞めるようになってしまう。
入った会社で活躍するための活動であると正しく解釈し、
考えることが大切」と語る。

 就職活動を樹木に例えると分かりやすい。
樹木は、根っこから養分を吸い上げて、日光を多く浴びられるように、
幹をのばし、枝葉を大きく広げる。

 根っこがしっかりしていなければ樹木は大きく育たない。
就活も同じで、「内定」という枝葉の部分ばかり見ていては成功しない。
「自分の考え方という根っこの部分をしっかりと育てていくべきだ」と言う。

 ■発想の転換でプラスに

 今の学生は、就活に対しどんな考え方やイメージを持っているのだろうか。
講演会の参加者にアンケートを取った。

 「大変で苦労しそう」(大学1年の男性)、
「なかなか決まらない。マイナスが大きいイメージ」(大学2年の女性)、
「しんどい」(大学3年の就活中男性)

 結果はネガティブな意見が多くを占めた。

 「自分の考え方を固め、熱意を持って取り組めばつらいものではないと思う」(大学2年の男性)、
「人間性を磨く活動」(大学1年の女性)

 前向きにとらえる意見もあったが、少数派だった。

 これに対し、稲井田さんは、マイナスに思える事象や状況も、
発想を転換することでポジティブな見方に変えていくことが必要だと言う。
その一例として、今の若者のマイナスイメージの象徴ともいえる「ゆとり世代」を挙げた。

 「ゆとり世代というと、悪いイメージを持たれがちであるが、
そうではない。授業時間が少なくなり自由な時間が増えた分、
自発的に学ぶことができる。誰かに言われて行動するのと、
自分から学ぶのでは全然違う結果が出る。
自発的に行動し問題を解決できる能力を持った人は、企業が求めている人材そのもの。
この世代に生まれて損だと思う必要は全くない」

 ■自分をコントロール

 正しく解釈し考えることは、簡単ではない。
多くの学生が、間違った考え方の下、間違った行動をとることで結果が出ず、
疲労感、挫折感を感じて疑心暗鬼にはまってしまっているのが現状ではないか。

 そんな時はまず、自分にフィルターをかけるのをやめ、
今の自分の現状をストレートに受け止め、自らをコントロールすることが大事だとし、
稲井田さんはこうアドバイスする。

 「例えば就職活動がうまくいかないとき、
その原因を他人のせいにする『他責』なのか、
自分に原因がある『自責』として捉えるのとでは大きく変わる。
人のせい、社会のせい、環境のせいなど外部要因に責任を押し付けて挫折した者は、
自分がコントロールできない分野に原因があると考え、立ち直れないケースが多い。
自分のできる範囲のことを考えて行動し、
自身をコントロールすれば、致命的な挫折には陥らない」

 就活がうまくいかなくても、言い訳を探すのではなく、
自分の悪いところを改善して次に生かしていけるかが大切なのだ。

 (今週のリポーター:4大学合同 有志学生記者/SANKEI EXPRESS)


当ブログにお越しいただき、本当にありがとうございました。
    各ブログランキングに参加しております。
        もしよろしければクリックをお願いします。
   ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

    人気ブログランキングへ

  大学生ブログ選手権  ブログランキング【くつろぐ】

にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ
にほんブログ村



                  また、ぜひお越しくださいね。
                       管理人より


関連記事

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mensetsunotatsujin.blog137.fc2.com/tb.php/721-bd958072

 | HOME | 

ごあいさつ

元人事課長

Author:元人事課長
当ブログにお越しいただきありがとうございます。
企業で人事課長をしていた経験を元に今就活をされている方のお役に立てればと運営をしております。
採用を勝ち得る人はどんな人材なのか。今必要なのは、コミュニケーション能力と人間的魅力。多くの方が採用を手にされることを心より願っております。
Twitterでも多くの情報を発信しています。ぜひフォローお願いします!Twitterボタン
Twitterブログパーツ

カテゴリ

スポンサードリンク

最新記事

全記事表示リンク

就職活動に役立つリンク

管理人おすすめリンク

ブログランキング

スポンサードリンク

スポンサードリンク

絶対内定2016---自己分析とキャリアデザインの描き方
絶対内定2016 エントリーシート・履歴書
(ギャッツビー) GATSBY ビジネスバッグ,Black,GB301
無敵のエントリーシート・自己分析・自己PR・志望動機 2016年 (内定請負漫画『銀のアンカー』式)
マイナビ2016オフィシャル就活BOOK 内定獲得のメソッド 自己分析 適職へ導く書き込み式ワークシート (マイナビ2016オフィシャル就活BOOK―内定獲得のメソッド)
人生はニャンとかなる! ―明日に幸福をまねく68の方法
まんがでわかる 7つの習慣
雑談力が上がる話し方―30秒でうちとける会話のルール
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。