「超」氷河期と言われ就職内定率がどんどん下がる中、採用を勝ち取るのはどんな人材か、企業は採用の際に「何を求めているか」 その本音をお伝えしたいと思います。コミュニケーション能力と人間的魅力で就職活動を突破!

  就職活動 元人事課長が教える 『面接/採用/内定』術のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 職業観 > ディズニーランドのいい話 3  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ディズニーランドのいい話 3

2013 - 03/20 [Wed] - 20:21

2つ目。

「 約束のお子様ランチ 」

これは、東京ディズニーランドのお話です。
ある日、若い夫婦が2人でディズニーランドの
レストランに入ってきました。

そのレストランには、
2人用のカップル席と
ファミリー席がありましたので、
2人はカップル席に案内されました。

ウェイターがご注文を聞いたところ、
その2人は
「お子様ランチ 2つ」
と注文したんです。


皆さん、ご存知かと思いますが、
お子様ランチを注文できるのは、
だいたい小学校くらいまでですよね。
「それ以上の方にはお出しできません」
となっているお店が多いですよ。


で、ディズニーランドにももちろん、
そういう決まりがあるんです。
ですから、ウェイターは、丁寧に頭を下げて言いました。

 「お客様、大変申し訳ございません。お子様ランチは、
  大人の方がお召し上がりになるのには少なすぎますので、
  お子様限定のメニューになっております。
  大人の方には、こちらのランチを
       ご用意しているのですがいかがいたしましょうか?」


それを聞いた女性は、
大変がっかりして、話し始めました。


 「実は、私達2人には子供がいたんですが、
          ほんの数ヶ月前に病気で亡くなったんです。
   生前、子供の病気が治って元気になったら、
          いつか、ディズニーランドに3人で行って、
   お子様ランチを食べようねと約束していたんです。
          なのに、結局、その約束を果たすことができなかったんです。
  …で、今日は、子供の供養のためにその約束を果たそうと思って
                     ディズニーランドに来たんです。」


ウェイターは、それを聞くと
「少々お待ち下さい。」
って、奥に入ったんですね。



しばらくして戻ってくると、その2人に、

 「申し訳ございません。
   お席を移動していただけますか。」

と言って、カップル席から
ファミリー席に移動してもらいました。

そして、
お子様ランチを3つ
持ってきたそうです。
もちろん、亡くなったお子様の分も、と、そういうことです。
きちんとお子様用のイスも準備してくれたそうです。






当ブログにお越しいただき、本当にありがとうございました。
    各ブログランキングに参加しております。
        もしよろしければクリックをお願いします。
   ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ
大学生ブログ選手権人気ブログランキングへブログランキング【くつろぐ】

                      また、ぜひお越しくださいね。
                            管理人より

関連記事

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mensetsunotatsujin.blog137.fc2.com/tb.php/61-3f4aa3bd

 | HOME | 

ごあいさつ

元人事課長

Author:元人事課長
当ブログにお越しいただきありがとうございます。
企業で人事課長をしていた経験を元に今就活をされている方のお役に立てればと運営をしております。
採用を勝ち得る人はどんな人材なのか。今必要なのは、コミュニケーション能力と人間的魅力。多くの方が採用を手にされることを心より願っております。
Twitterでも多くの情報を発信しています。ぜひフォローお願いします!Twitterボタン
Twitterブログパーツ

カテゴリ

スポンサードリンク

最新記事

全記事表示リンク

就職活動に役立つリンク

管理人おすすめリンク

ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。