「超」氷河期と言われ就職内定率がどんどん下がる中、採用を勝ち取るのはどんな人材か、企業は採用の際に「何を求めているか」 その本音をお伝えしたいと思います。コミュニケーション能力と人間的魅力で就職活動を突破!

  就職活動 元人事課長が教える 『面接/採用/内定』術のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 仕事の仕方 > 自己紹介と自己アピール、こうすればうまくいく!  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自己紹介と自己アピール、こうすればうまくいく!

2013 - 03/17 [Sun] - 19:32

就活でも、実際の仕事の上でも
相手に話をしたり、自己紹介、自己アピール、
プレゼンでも、商品の営業でも
なんでも使える「話術のテクニック」があります。


とても簡単なことです。

「余計なことを話しすぎない!」
「話す内容を3つにまとめる!」

だけでいいのです。

具体的にお話しましょう。
自己アピールやプレゼンなど、自分から聞き手に話しをする
すなわち「発信」をする際、えてして人は「話したがる」のです。

少し話しがそれますが、犯罪心理学でも恋愛心理学でも同じような
ことが言えます。

犯罪を隠すために、うそにうそを重ねたあげく、普段より饒舌になるのです。
浮気などを隠すときも同様です。

話しをもどしましょう。
「話したがる」傾向と同様に、聞き手にも特徴があります。
それは、「一字一句、正確に聞いている人はいない。(稀である。)」
ということです。

就活の学生が必死になって、たくさん話しても、全部覚えられないのです。
どれだけ希望者がいるとおもいますか?
「自分の話を相手はしっかり聞いてくれている。」と思うのは、自分勝手です。

では、どうすればいいのか。


① 話す内容は3つ以内にまとめる。
② 結論を先に言う。
③ 話の最後にもう一度結論を言う。

これだけを実践してみて下さい。
もし「話したい」内容が3つ以上になっても欲張らないでください。
聞いている相手のことを考えると、迷惑になってしまうかもしれません。

2回結論を言うことで「印象付ける」効果があります。


相手が後になって、思い出せる工夫をすることが一番なのです。

話すことは相手のやさしさや配慮なくしては成り立ちません。


では。










当ブログにお越しいただき、本当にありがとうございました。
    各ブログランキングに参加しております。
        もしよろしければクリックをお願いします。
   ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ
大学生ブログ選手権人気ブログランキングへブログランキング【くつろぐ】

                      また、ぜひお越しくださいね。
                            管理人より

関連記事

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mensetsunotatsujin.blog137.fc2.com/tb.php/40-b2b6e3d2

 | HOME | 

ごあいさつ

元人事課長

Author:元人事課長
当ブログにお越しいただきありがとうございます。
企業で人事課長をしていた経験を元に今就活をされている方のお役に立てればと運営をしております。
採用を勝ち得る人はどんな人材なのか。今必要なのは、コミュニケーション能力と人間的魅力。多くの方が採用を手にされることを心より願っております。
Twitterでも多くの情報を発信しています。ぜひフォローお願いします!Twitterボタン
Twitterブログパーツ

カテゴリ

スポンサードリンク

最新記事

全記事表示リンク

就職活動に役立つリンク

管理人おすすめリンク

ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。