「超」氷河期と言われ就職内定率がどんどん下がる中、採用を勝ち取るのはどんな人材か、企業は採用の際に「何を求めているか」 その本音をお伝えしたいと思います。コミュニケーション能力と人間的魅力で就職活動を突破!

  就職活動 元人事課長が教える 『面接/採用/内定』術のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> ニュースより > 就職・転職時に参考、トップは2ちゃんねる――掲示板サイトを半数以上が信用  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

就職・転職時に参考、トップは2ちゃんねる――掲示板サイトを半数以上が信用

2011 - 09/08 [Thu] - 20:57

ネットに多くの情報が蓄積するようになった現代。就職・転職の際に、希望企業の実態を知るため、検索を活用した経験のある人も少なくないだろう。


 ネット上の風評被害対策を行っているシエンプレとメディアインタラクティブの調査によると、転職・就職の際に検索を行ったことがある人に「企業名に加えて、どんなセカンドキーワードで調べましたか?」と尋ねると、最も多かったのは「評判」で51.6%。以下、「給与」が43.4%、「業績」が34.0%、「クチコミ」が27.2%、「ブラック」が25.6%で続いた。

●参考にする掲示板サイトは2ちゃんねる

 企業のリアルな情報を集める方法として就職活動ではOB・OG訪問がよく行われているが、Web上の掲示板でもそれに近いものが得られるようになっている。就職・転職活動で「転職者や在職者の声を集めた掲示板を参考にした」という人は57.6%と、半数を超えていた。

 参考にしたサイトのトップは「2ちゃんねる」で66.7%と断トツ。以下、「転職会議」が35.4%、「キャリコネ」が15.3%、「vorkers」が7.3%で続いた。「その他」の項目では「みんなの就職活動日記」が多く挙げられていた。

 掲示板サイトで悪評を見つけた時、「信用する(かなり+まあ)」という割合は55.0%と、「信用しない(まったく+それほど)」の21.6%を大きく上回った。ただ、「かなり信用する」(3.8%)や「まったく信用しない」(1.0%)は極少数で、多くの人は“それなりに”信頼する程度にとどめているようだ。そのためか、悪評を見つけた時、65.6%は「さらに詳しく調べた」と回答している。

 インターネットによる調査で、対象は20~39歳の有職者で就職・転職の際に検索行動をとった500人。調査日は8月24日と25日。

関連記事

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mensetsunotatsujin.blog137.fc2.com/tb.php/368-b88a6f69

 | HOME | 

ごあいさつ

元人事課長

Author:元人事課長
当ブログにお越しいただきありがとうございます。
企業で人事課長をしていた経験を元に今就活をされている方のお役に立てればと運営をしております。
採用を勝ち得る人はどんな人材なのか。今必要なのは、コミュニケーション能力と人間的魅力。多くの方が採用を手にされることを心より願っております。
Twitterでも多くの情報を発信しています。ぜひフォローお願いします!Twitterボタン
Twitterブログパーツ

カテゴリ

スポンサードリンク

最新記事

全記事表示リンク

就職活動に役立つリンク

管理人おすすめリンク

ブログランキング

スポンサードリンク

スポンサードリンク

絶対内定2016---自己分析とキャリアデザインの描き方
絶対内定2016 エントリーシート・履歴書
(ギャッツビー) GATSBY ビジネスバッグ,Black,GB301
無敵のエントリーシート・自己分析・自己PR・志望動機 2016年 (内定請負漫画『銀のアンカー』式)
マイナビ2016オフィシャル就活BOOK 内定獲得のメソッド 自己分析 適職へ導く書き込み式ワークシート (マイナビ2016オフィシャル就活BOOK―内定獲得のメソッド)
人生はニャンとかなる! ―明日に幸福をまねく68の方法
まんがでわかる 7つの習慣
雑談力が上がる話し方―30秒でうちとける会話のルール
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。