「超」氷河期と言われ就職内定率がどんどん下がる中、採用を勝ち取るのはどんな人材か、企業は採用の際に「何を求めているか」 その本音をお伝えしたいと思います。コミュニケーション能力と人間的魅力で就職活動を突破!

  就職活動 元人事課長が教える 『面接/採用/内定』術のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 採用への道 > わたしの就活――4 つのモットー  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

わたしの就活――4 つのモットー

2011 - 02/21 [Mon] - 17:49

おはようございます。
こんにちは。
こんばんは。
いつの時間に見ていただいているのか
分からないので、すべての挨拶で。

お越しいただきありがとうございます。

ある方の就活の感想文を紹介したいと思います。
参考になることが多くあります。


わたしの就活――4 つのモットー

1.モットー
2000 年10 月にリクナビの登録。就職活動当初の第一志望はオリエンタルランド(東京ディズニーランドのバック企業)。自分が何をやりたいのか分からず、とりあえず興味のあったインテリア関係、食品関係、キッチン関係の会社にエントリーシートを出した。しかし、説明会を回るうちに、扱う商品より会社の方針や社員の雰囲気を重視するようになった。最終的には、
① メーカーで、
② 採用活動に積極的に投資していて、
③ 社員に良い人(自分の基準で)が多いと感じられ、
④ 変革を恐れない、
という4 つのポイントを挙げて会社を選ぶようになっていった。



2.説明会
どんな会社でも、説明会に行ってみるまではどんな会社なのか分からない。私は、友人たちと比べて、説明会に行った会社数がかなり少ない。一番多い時期で、週4 社が最高だった。しかし、説明会では社長の話が聞けたり、商品開発の裏側を知ることができたり、なにかと為になることが多い。実を言うと、日立製作所の説明会も会場が遠いという理由だけで、行くかどうか最後まで悩んでいた。しかし、説明会の雰囲気で一気にこの会社に惚れてしまった。こういう運命もあるのだ。
さて、説明会でまず始めにするのは、司会や話をする先輩社員等の名前をメモしておくことだ。後で質問があるときに使える。どんな感じの人がこの会社を受けにくるのか周囲をチェックしておくことも大事。説明会の進行がきっちりしているか、司会の話がおもしろいか、社員の服装や髪型が好ましいかを見ておくと、今後の参考になる。もう一つ、説明会で注意しなくてはならないこと。説明会は一種の広報活動でもあるので、商品や会社の歴史について、こちらが興味深く思えるほど説明してくれる企業もあるが、そればかりに気をとられないように。



3.面接・グループディスカッション(以下GD)
日立製作所のGD で私は聞き役に回ったが、目立たなくても自分の役割を果たしたことをきちんと評価してくれた。GD で「こいつ上手いな!」と思う人を見つけたら、後で就職活動についていろいろ話を聞くと参考になる。面接やGD では多少自意識過剰なくらい、自信を持ったほうがいい。私はいつも白シャツに紺のスーツ、ブルー系のアイメイクで面接に向かったが、何を身に付けると自分が一番引き立つのかを研究するのも、きっとおもしろいと思う。



4.就活中の精神的なこと
天気のいい日はたくさん歩く。落ち込んだときは、絶対自分を肯定してくれる人(例えば家族・友達・恋人)に話を聞いてもらう。面接や説明会のある日は、せっかく大阪に出るのだから、ついでに買い物をしたり、映画を見たり、気に入った喫茶店を見つけたりしておくのも健全に就職活動をするためのいい気晴らしになる。就職活動は長いようであっという間の数ヶ月だった。勝負できる時間は限られているので、自分の気持ちを前向きに保つことが必要だと思う。



5.日立に決めた理由
まず、説明会でそれまでの「堅い」「まじめ」「目立たない」といった日立という企業のイメージが払拭された。「奇をてらうのではなく、確実に変革していく」というどっしりした会社の方針と、社員の雰囲気がしっかりかみ合っているように思えた。説明会の段階で、私の重視していた4 つの条件をまずまずクリアしていた。
そして、選考。まず、英語のテストと性格診断があった。「大学名不問」と公言するように、エントリーシートでも面接でも大学名を問われることがなかった。リクルーター制をとっていないところも誠実だと思った。4 回の面接はそれぞれ20 分から30 分ずつ。面接官も熱心に話を聞いてくれる。面接官が一人または二人に、学生が一人という形式。主な質問の内容は学生生活についてと、日立に入ったら何がしたいか。それと6人のGD が
一回。
最終面接は東京の本社で。全ての質問が終わったところで、「来年からいっしょに働きましょう」と内々定を告げられる。そのあとで、「では、最後に大学名を教えてください」と言われ、私は「この会社なら信じられるなあ」と感じた。



6.就活に関する反省
もっと多くの説明会や選考に参加すればよかった、と後悔した。内定先に満足が行かないのではない。就職活動は企業の中を覗く絶好の機会であるから、「働くということがどういうことなのか、より深く勉強できたのに」と思うと残念である。
就職活動は、将来についてだけでなく、これまでの生活や自分の性格とも真剣に向き合ういい機会なので、面倒くさがらず、恐れず、全力でぶつかって行くべきだと思う。まず、自分がどんなことを重視して就職先を決めたいか、しっかり考えた上で、就職活動に臨んでいただきたい。


当ブログにお越しいただき、本当にありがとうございました。
    各ブログランキングに参加しております。
        もしよろしければクリックをお願いします。
   ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

    人気ブログランキングへ

  大学生ブログ選手権  ブログランキング【くつろぐ】

にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ
にほんブログ村



                      また、ぜひお越しくださいね。
                            管理人より

関連記事

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mensetsunotatsujin.blog137.fc2.com/tb.php/282-84408dc4

 | HOME | 

ごあいさつ

元人事課長

Author:元人事課長
当ブログにお越しいただきありがとうございます。
企業で人事課長をしていた経験を元に今就活をされている方のお役に立てればと運営をしております。
採用を勝ち得る人はどんな人材なのか。今必要なのは、コミュニケーション能力と人間的魅力。多くの方が採用を手にされることを心より願っております。
Twitterでも多くの情報を発信しています。ぜひフォローお願いします!Twitterボタン
Twitterブログパーツ

カテゴリ

スポンサードリンク

最新記事

全記事表示リンク

就職活動に役立つリンク

管理人おすすめリンク

ブログランキング

スポンサードリンク

スポンサードリンク

絶対内定2016---自己分析とキャリアデザインの描き方
絶対内定2016 エントリーシート・履歴書
(ギャッツビー) GATSBY ビジネスバッグ,Black,GB301
無敵のエントリーシート・自己分析・自己PR・志望動機 2016年 (内定請負漫画『銀のアンカー』式)
マイナビ2016オフィシャル就活BOOK 内定獲得のメソッド 自己分析 適職へ導く書き込み式ワークシート (マイナビ2016オフィシャル就活BOOK―内定獲得のメソッド)
人生はニャンとかなる! ―明日に幸福をまねく68の方法
まんがでわかる 7つの習慣
雑談力が上がる話し方―30秒でうちとける会話のルール
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。