「超」氷河期と言われ就職内定率がどんどん下がる中、採用を勝ち取るのはどんな人材か、企業は採用の際に「何を求めているか」 その本音をお伝えしたいと思います。コミュニケーション能力と人間的魅力で就職活動を突破!

  就職活動 元人事課長が教える 『面接/採用/内定』術のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 採用への道 > 面接の基本は本音で勝負  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

面接の基本は本音で勝負

2011 - 02/11 [Fri] - 21:38

面接の本番が始まって、始めのうちは本音で言えないうちに面接が終わってしまうことが続くのではないかと思います。

面接官が、これまでに自分がほとんど話したことがない年齢の人なので、相手の様子を伺っているうちに終わってしまうからです。

また、多くの学生は企業が求める人材になり切ろうと、良く見せようと相手に合わせる気持ちがあるからではないかと思う。

剣道や柔道でも、勝負しようと思えば、相手の懐に飛び込まなければ勝つことは出来ません。
しかし、下手に飛び込めば負けるのでは、と言う怖さが先にたち、相手に合わせて様子を見るというところではないでしょうか。

面接では、思い切って本音で勝負しよう。

でも、バカ正直というのも困ります、常識の範囲内で実直に応えていこう。

もちろん正面から挑んでも、他に自分より仕事が出来そうな学生がいれば敗れることはあります。
でも相手に合わせて敗れるよりは、はるかに次へ繋がる建設的なことだと思う。

本音とは、「自分が思ったこと、又は感じたことを素直に感情を込めて話すこと」です。
面接官がどう思うか、どう感じるかなど考えずに自分の心の中を話すことです。

例年、多くの学生を見てきて、“思い切って本音で話す”ことが重要だとわかった学生は、すぐに内定が取れ、相手に合わせた学生は、なかなか内定が取れない、のが現状です。

関連記事

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mensetsunotatsujin.blog137.fc2.com/tb.php/253-9972c3d6

 | HOME | 

ごあいさつ

元人事課長

Author:元人事課長
当ブログにお越しいただきありがとうございます。
企業で人事課長をしていた経験を元に今就活をされている方のお役に立てればと運営をしております。
採用を勝ち得る人はどんな人材なのか。今必要なのは、コミュニケーション能力と人間的魅力。多くの方が採用を手にされることを心より願っております。
Twitterでも多くの情報を発信しています。ぜひフォローお願いします!Twitterボタン
Twitterブログパーツ

カテゴリ

スポンサードリンク

最新記事

全記事表示リンク

就職活動に役立つリンク

管理人おすすめリンク

ブログランキング

スポンサードリンク

スポンサードリンク

絶対内定2016---自己分析とキャリアデザインの描き方
絶対内定2016 エントリーシート・履歴書
(ギャッツビー) GATSBY ビジネスバッグ,Black,GB301
無敵のエントリーシート・自己分析・自己PR・志望動機 2016年 (内定請負漫画『銀のアンカー』式)
マイナビ2016オフィシャル就活BOOK 内定獲得のメソッド 自己分析 適職へ導く書き込み式ワークシート (マイナビ2016オフィシャル就活BOOK―内定獲得のメソッド)
人生はニャンとかなる! ―明日に幸福をまねく68の方法
まんがでわかる 7つの習慣
雑談力が上がる話し方―30秒でうちとける会話のルール
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。