「超」氷河期と言われ就職内定率がどんどん下がる中、採用を勝ち取るのはどんな人材か、企業は採用の際に「何を求めているか」 その本音をお伝えしたいと思います。コミュニケーション能力と人間的魅力で就職活動を突破!

  就職活動 元人事課長が教える 『面接/採用/内定』術のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 採用への道 > どうして、採用には・・・。  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうして、採用には・・・。

2013 - 03/20 [Wed] - 19:51

どうして、採用には

①試験問題
②面接

の二つがあるのでしょうか?

当たり前のことですが、大きな企業になればなるほど、
入社希望の人間が多く来ます。
その人全員と会っていたら、
人事部に所属する社員の方は
仕事が進みません。
だから、一旦試験をして、選定をしているのです。
採用側も必死に「仕事をしている」のです。

ここが非常に大切なのです。
「入社希望者は、会社のことを考えていない。
 自分の入社のことしか考えていない」
こんな人が非常に多くいます。

私にも経験があります。
私がいた会社では面接の時間でほぼ採用か不採用かが
わかりました。

それは、どうしてでしょうか?
私がいた会社では、「人物重視」の採用基準が
ありました。
ですので、面接は「社長面接」だったのです。
私の会社では、接客サービスに分類される会社業態
でしたので、人物重視は当たり前です。

社長と人事部の人間
そして、入社希望者の3者での面接でした。
基本は社長と希望者が会話をします。
人事担当者は、横で見ています。

今まで何百人もの方の面接を担当しましたが
採用された方に共通することがありました。
それは、

「社長と会話ができていたことです。」

たった、これだけです。

でも、これがなかなかできないのです。
逆に言いましょう。
不採用だった方の多くは、
①自分よがりにアピールしていた。
②社長の話しかけに響かない。
 社長の言葉で印象的だったのは
 「打てば響く人はいいねえ」
 でした。私も同意見です。
 同じ会社でこれから長く働いていくのですから。

の2つの原因があります。


さて、どんな風な様子だったのでしょうか。

続きは次回に。








当ブログにお越しいただき、本当にありがとうございました。
    各ブログランキングに参加しております。
        もしよろしければクリックをお願いします。
   ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ
大学生ブログ選手権人気ブログランキングへブログランキング【くつろぐ】

                      また、ぜひお越しくださいね。
                            管理人より



 

関連記事

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mensetsunotatsujin.blog137.fc2.com/tb.php/2-c87bcd52

 | HOME | 

ごあいさつ

元人事課長

Author:元人事課長
当ブログにお越しいただきありがとうございます。
企業で人事課長をしていた経験を元に今就活をされている方のお役に立てればと運営をしております。
採用を勝ち得る人はどんな人材なのか。今必要なのは、コミュニケーション能力と人間的魅力。多くの方が採用を手にされることを心より願っております。
Twitterでも多くの情報を発信しています。ぜひフォローお願いします!Twitterボタン
Twitterブログパーツ

カテゴリ

スポンサードリンク

最新記事

全記事表示リンク

就職活動に役立つリンク

管理人おすすめリンク

ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。