「超」氷河期と言われ就職内定率がどんどん下がる中、採用を勝ち取るのはどんな人材か、企業は採用の際に「何を求めているか」 その本音をお伝えしたいと思います。コミュニケーション能力と人間的魅力で就職活動を突破!

  就職活動 元人事課長が教える 『面接/採用/内定』術のナビゲーター   トップページ > スポンサー広告> 採用への道 > 合同説明会のニュースを分析しよう  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

合同説明会のニュースを分析しよう

2010 - 12/24 [Fri] - 05:46








おはようございます。
こんにちは。
こんばんは。
いつの時間に見ていただいているのか
分からないので、すべての挨拶で。

お越しいただきありがとうございます。


さて、動画はご覧いただけましたでしょうか?
今、頻繁にニュースで就活の状況が報道されています。
決してあなたを煽ったり、内定をもらっていないことを
無下につきつけるような気持ちは全くありません。


今回の記事は、

「客観的に見る。」ことをテーマにしたいのです。

なかなか内定がもらえないと、このようなニュースや
テレビ番組を敬遠しがちです。
でもそれではいけません。単なるテレビの内容だと
思っていては何の成長にもなりません。
とても多くの『気づき』が隠れているのですから。


まず、一つ目の内容は、テレビ番組「ガイアの夜明け」から
です。
就活の内容と歴史について
とても分かりやすく説明がされています。

私も江口さんと同時期になりますので、
就活が比較的楽だった時代かもしれません。
私も同期の人間も内定式でパーティなどが
あった時代です。
景気が急降下していく最後の方かもしれません。
あなたは非常に苦しい時期の就活だと説明がされています。
だからと言って、「内定がもらえない」と考えないでください。
内定をもらえている人材はたくさんいるのですから。

今まさに就活している人も、これから就活する人も
内容をしっかり見てくださいね。


11月5日の合同説明会の様子があります。
どこの合同説明会でも同様でしょうが、すごい人数です。

あなたは『何を」感じましたか?

では、ここで私が感じたこと、
非常に気になることを書きます。

① 企業の方がブース内で説明をしているときに
  ノートに向かって必死にメモをしているが、
  一体何をメモをしているのか???

② ブースを出展しているのは大手企業ばかり
  そしてある担当者が「優秀な学生」がほしい
  と話していたが、その「優秀」の意味は?

③ 企業のブースの担当者が何人いるか?


どうですか?
同じところでしたか?
では、分析をしてみましょう。

分析1) これだけの学生の数がいて
     ほとんどが同じように見える。
      ⇒つまり個性がない。
      ⇒ただ合同説明会があるから
       来て見た人はいないだろうか?
       この日出展する企業が前もって
       分かっていれば(調べては分かるはず) 
       直接問い合わせでもネットでも
       事前準備はできる。
       まさかこの日に来て、初めて
       全く知らない会社のパンフレットや
       説明を聞いていないだろうか。

分析2) ノートばかりに目を向け
     メモばかりをしている人と
     メモは見ずに、話しての方を見ている人
     がいる。
     表情が暗い。さわやかさがない。
     いい人材に見えない。

      ⇒正直何を「メモ」をしているか
       全く分からない。
       想像では、企業担当者話者が話した
       内容を必死にメモを取っているのだ
       ろうが、それは『何のため」
       合同説明会で話の中で聞くことは
       『メモ」しなくてはならないことか?
      ⇒一番心配したのは、『メモ』をとる
       ことの危険性だ。
       『メモ』をとること自体は重要なこと
       であるのは事実。しかし、そのメモ
       内容があなたの就活で内定を得るために
       必要なメモなのだろうか?    


分析3) 担当者が話した「優秀な」人材は
     どんな人材か?
     この映像のような状況の中で
     「優秀な」人材を見つけることが
     できるのか?
      ⇒この意見は非常に「あいまい」
       本音が分かりにくいのです。
       ケース1)
        この合同説明会の場で、
        優秀な人材を探したい。
         ⇒これだけの学生が集まっていて
          それは可能なのだろうか?
       ケース2)
        この合同説明会参加者の中で
        担当者が目を付けた学生を
        見つけ、それ以降の採用試験に
        進ませたい。

       正直本心はこの女性担当者しか
       分かりませんので、私のあくまでの
       想像ですが、当たらずとも遠からず
       と思っています。

分析4) 各ブースに出展している担当者は
     何人いたか?
     それぞれの社員はどんなことを
     していたか?
      
      ⇒それぞれの出展ブースに担当者が一人と
       ほぼあり得ません。
       3~5名はいるでしょう。
       多ければ10人くらいになります。
       さて、では、学生の方が前方の
       担当者の話を聞いている際、
       一体他の担当者は何をしているのでしょう。
       あくまで推測にすぎませんが、
       先ほどの女性担当者の言葉をもう一度、
       「優秀な学生がほしい」
       
       あなたたちの行動や印象や態度などは
       観察されてないと言えるでしょうか?
       映像の中にはバインダーに挟まれた書類
       を見ている担当者もいましたね。 


映像からとらえた疑問点とその分析をしてみました。
ここから、改善策やアドバイスが生まれてきます。

【改善策やアドバイス】
ア、合同説明会は事前に出展企業を調べ、
  その日に回る企業を選択しておく。
   
    ・大勢の学生がいる中で
     計画的に行動ができ、
     時間のムダがなくなる点
    ・事前に十分に把握ができているので、
     ブースの全席に着席することができる。
    ・何よりも、企業の基礎情報が分かっている
     ので、その場での話しの内容に集中
     できる。

イ、ブースの前では、メモはしない。
  説明会の話しは企業紹介。
  それは、HPやパンフなどでいくらでも
  入手可能。すべきことがあるはず!!
    
     ・周りの学生がメモをしている中で
      あなたが真剣に、まっすぐ、興味深々と
      いった様子で話を聞いていたら、
      完全に他の学生との「差別化」に
      なる。
     ・メモを取るなら、小さいメモにする。   
      映像の中で非常に大きなノートに
      メモを取り続けている。
     ・あくまでメモなのだから、小さな
      ノートや手帳のようなものに書いて
      帰宅後しっかりまとめればいい。
     ・なぜ『メモ」という手段をとるのか。
      メモは危険な部分がある。
      それはメモをしている間は話を聞いてない
      から

      (講師の経験もあるのですが、
       メモにばかり注意を向け、
       ノートをとることだけに意識を
       向けている生徒は成績が上がり
       にくかったですね。)
      記者が使用するボイスレコーダーなどを
      購入して、それで録音すればいい。
      その方が実に賢い方法だ。
      話の内容はすべて把握でき、
     しかも『相手の顔』の見て、会話が
      できる。
      これが『コミュニケーション能力』では
      ないでしょうか。
     
ウ、合同説明会中にメモすべきこと。
    ・何社あったか。
    ・何社まわったか。
    ・担当者の印象
      ⇒人事担当や他の部署からの応援もありますが
       人前で話すことに慣れたベテランぞろいです。
       学ぶことがいくらでもあります。
    ・他の学生の印象
      ⇒良いと思った
        参考になった印象
      ⇒悪かった
        これはしてはいけないと思った印象
    ・周りをしっかり観察して同じ就活生が
       どのような立ち居振る舞いをしているか。
    ・全体を通じて学べたこと。
    ・反省点と改善点。
      反省ばかりを書く人がいます。
      社会人になれば、そういう方は
      「問題意識が薄い」「考えがつたない。」
      「ネガティブ思考がない」となります。
      反省も大切ですが、今後どうするか、
      について多く、考えて書くことが
      あなたの成長にもなります。

エ、優秀な人材に見せるためには
  コミュニケーションをできる限りとることです。
    ・企業側に『さわやかな印象』を与える。
    ・企業の説明を真摯に聞き、一生懸命な
     印象をアピール。
    ・エントリーシートに書く字を丁寧に。
    ・笑顔でいること
      ⇒特に各企業ブースに入った際
       学生独特の頭から上だけを
       ひょこっと動かす挨拶をする
       方がいますが学生気分はもう
       なくしましょう。
       逆にブースの担当者から
       元気に笑顔であいさつされる
       でしょう。その時には、
       あなたも元気にさわやかに
       気持ち良く挨拶をしてください。

       いいですか?
       企業に入社前の人材に対する
       「優秀さ」と実際に社会人に  
       なってから使われる能力とは
       全く異なるものです。
       能力、スキルは入社後の研修で
       学ぶのです。

       優秀な人材と判断するのは
       笑顔、挨拶、姿勢、態度
       表情、うなづき、マナー

      
       があるかどうかなのです。



二本目の映像について
あなたはどう感じましたか?

では、ここで私が感じたこと、
非常に気になることを書きます。

  各ブースの前に座って話を聞いている学生について

  姿勢が悪い、背筋が伸びてない⇒覇気を感じない。

  話をきく最中、担当者をガン見。
  つまり、ただじっと見てる。
    ⇒威嚇であってコミュニケーションではない。

  頷きがない。
    ⇒「あなたの話を聞いてますよ合図を出してない」

  目に力がない。
    ⇒「この会社に入りたいという想いは伝わらない」
      目は口ほどにものを言う
  
  表情が暗い。
    ⇒「これでは話している相手がつまらない。」

  ※緊張もあるだろうが、テレビのインタビューの方が
   笑顔もあった。
 
最後の映像で、インターン制度で学生が
働いている様子がありましたが、
これはとてもいいことですね。
会社側が学生の能力を判断して
また学生も社会人について学べる。

あなたはまだ学生かもしれません。
そして就活はあなたに迫ってきた大きなる壁です。
しかし乗り越えられない壁ではないのです。
内定、採用を得るには、学生時代の能力。
社会人になってからは、社会人の能力。
全く異なります。

先ほどの家電量販店で働いている学生も
まだまだ足りないことがあり、
途中で先輩社員から教えてもらっていました。
あれが、社会人です。

今のあなたは何も持っていません。
ですが、「持っているものを最大限に」
内定を目指してください。

社会人になったら『0』からのスタートです。
厳しいこともあります。つらいこともあります。
でも、就活を通じて多くのことを学べた人は
入社後、大きく飛躍できます。

それはなぜか?

「自分で問題を解決する力」を得たからです。



今回は、映像から分析した内容でお話をしました。
少しでも就活をされている方のお役に立てればと
思っています 



内定を勝ち得た学生の方がどんなことを考え、
どんなノートを作っていったのか。
参考になることがたくさんあります。
単なるマニュアル本ではない「生の声」が
良いと感じました。
アマゾンでは内容が少し読めます。
内定をもらえる方に共通しているのは、

「反省」と「改善」 
「疑問」と「解決」

なんですね。ちゃんと決着をつけてる。

中には、「就活は恋愛といっしょ」なんて
書いてあり、私の過去の記事と同じ文言が
あって、笑っちゃいました。
同じ考えになるんですね。(笑)








記事の中でボイスレコーダー(ICレコーダー)のことを書きました。
今やテレビで政治家や芸能人のインタビューをしている際も、
記者がICレコーダーを使っているのはよく見ますね。
単に話している内容だけメモするのと異なり、話し手の気持ちや
言葉のニュアンスなども声を録音した方がいいです。

就職活動をする上で本当に有効に使えます。
・ 説明会の話を録音し、必要な「メモすべき」のみ
  時間をとれる。
・ 複数の企業を受ける際、面接などを録音し、
  「他の学生の話し方」「自分との違い」
  「聞かれた内容」などを録音できる。
・ 自分の話し方(声、スピード、くせなど)を
  客観的に知ることができる。
・ 「やらねばならないこと」「思いついたアイディ(考え)」
  メモができない時に、すぐ録音できる。
  
実は、私も持っています。
私がアイディアを思いつくのは、車を運転している時や
本屋にいる時なので、重宝しています。
今機能がたくさんついて、高額のものもありますけど
お手軽でしかも、使いやすいのが私は好きです。







明日があなたにとって良い日でありますように。






当ブログにお越しいただき、本当にありがとうございました。
    各ブログランキングに参加しております。
        もしよろしければクリックをお願いします。
   ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

    人気ブログランキングへ

  大学生ブログ選手権  ブログランキング【くつろぐ】

にほんブログ村 就職バイトブログ 就活・就職活動へ
にほんブログ村



                      また、ぜひお越しくださいね。
                            管理人より





関連記事

コメントの投稿





管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mensetsunotatsujin.blog137.fc2.com/tb.php/165-899534fe

 | HOME | 

ごあいさつ

元人事課長

Author:元人事課長
当ブログにお越しいただきありがとうございます。
企業で人事課長をしていた経験を元に今就活をされている方のお役に立てればと運営をしております。
採用を勝ち得る人はどんな人材なのか。今必要なのは、コミュニケーション能力と人間的魅力。多くの方が採用を手にされることを心より願っております。
Twitterでも多くの情報を発信しています。ぜひフォローお願いします!Twitterボタン
Twitterブログパーツ

カテゴリ

スポンサードリンク

最新記事

全記事表示リンク

就職活動に役立つリンク

管理人おすすめリンク

ブログランキング

スポンサードリンク

スポンサードリンク

絶対内定2016---自己分析とキャリアデザインの描き方
絶対内定2016 エントリーシート・履歴書
(ギャッツビー) GATSBY ビジネスバッグ,Black,GB301
無敵のエントリーシート・自己分析・自己PR・志望動機 2016年 (内定請負漫画『銀のアンカー』式)
マイナビ2016オフィシャル就活BOOK 内定獲得のメソッド 自己分析 適職へ導く書き込み式ワークシート (マイナビ2016オフィシャル就活BOOK―内定獲得のメソッド)
人生はニャンとかなる! ―明日に幸福をまねく68の方法
まんがでわかる 7つの習慣
雑談力が上がる話し方―30秒でうちとける会話のルール
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。