「超」氷河期と言われ就職内定率がどんどん下がる中、採用を勝ち取るのはどんな人材か、企業は採用の際に「何を求めているか」 その本音をお伝えしたいと思います。コミュニケーション能力と人間的魅力で就職活動を突破!

  就職活動 元人事課長が教える 『面接/採用/内定』術のナビゲーター   トップページ > 知恵袋  

スポンサーサイト

-- - --/-- [--] - --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

長所と短所について書いた作文を持ってくるように言われたの

2013 - 05/22 [Wed] - 07:57

おはようございます。
こんにちは。
こんばんは。
いつの時間に見ていただいているのか
分からないので、すべての挨拶で。

お越しいただきありがとうございます。

Yahoo知恵袋にあった質問にこの場を借りて、
アドバイスをしてみたいと思います。


Q.
就職活動中のものです。
長所と短所について書いた作文を持ってくるように言われたのですが
最後どのように締めくくるか考えが浮かびません。
何かいいアイデアはないでしょうか。


A.
長所と短所っていうのは、実は非常に難しい内容なんですね。

人間は自分が思っていることがすべてではありません。
自分がいくら、「私は○○なんだ!」と強く思っていても
例えば自分は心優しく、人に優しく、いつも気を配る人間なんだ。と思っていても
他人がそうではない。と思ったら、それが事実になります。

自分の評価は自分で決めるのではなく、「周りの人間」によって、決められるのです。
だから、自分が長所と思っていても他人はそう思っていないことがあるのです。

そして長所と短所は表裏一体なのです。
例えば、「落ち着きがない」といえば短所ですが、「活発である」といえば長所です。
「自分から積極的に行動できない」は、「思慮深く、惑わされずに行動できる」となれば長所に変わります。

まずあなたの長所と短所を列挙してみてください。
そして短所を長所に変えれるか考えてみてください。

人間ですから短所があるのは当然です。短所を無くそうとしても無理です。
それより長所になる点を人より多く探し、その点をアピールすることが大切です。

もし作文にするのなら、あえて自分の短所を挙げておき、バイトやサークル、ゼミなどの活動を通じて
その短所があだになったことがあるかどうかを考えるのです。
そして、自分の「気づき」から、その欠点、短所を長所に変えることができた。
今後社会人になるにあたって、自分の持てる武器はその長所です。

例を考えて見ましょう。

「私はサークルで部長をしていました。
それまでの私は、人をまとめることは苦手でした。
しかしそんな私でも先輩から部長を任されました。
『お前ならできるよ』と期待込みの抜擢でしょう。
運営がはじめからうまくいった訳ではありません。
特に発表の際には準備段階から部内でもめることも多く
自分のふがいなさに失望することもありました。

でもそんな時、「人をまとめることができない」という欠点について
深く考えてみました。
私は「大勢の人数」をまとめることが苦手でも「一人ひとり」と
コミュニケーションをとることは得意だったのです。
部の発表を間近にし、私はメンバー全員と話し合うことを決めたのです。
私の想いを伝え、協力をしてもらえるよう話しました。
「一人」がつながれば、そのまた「別の一人」がつながり、
ありがたいことに、それは一つの円になっていきました。

人と人とのつながりが一番大切であり、そのつながりがあるからこそ
全体がまとまることを学びました。」


書いてみました。
こんな風にすると、なんだかその人の個性が見えてきそうじゃないですか?


また、ぜひお越しくださいね。
               管理人より

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。
読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)
私の短所を長所に変えることができた出来事でした。

スポンサーサイト

就職活動のスーツについて、スーツはどんなのを着ればいいの?

2013 - 05/19 [Sun] - 19:56

おはようございます。
こんにちは。
こんばんは。
いつの時間に見ていただいているのか
分からないので、すべての挨拶で。

お越しいただきありがとうございます。

Yahoo知恵袋にあった質問にこの場を借りて、
アドバイスをしてみたいと思います。


Q.
就職活動のスーツについて、質問です。
就活では、みんなリクルートスーツを着ますが、
正直、就職活動の時にしか着ないのでもったいないし
形もあまりファッショナブルではなく、自分自身に似合いません。

リクルートスーツを着たら、もさっとした感じになってしまいます。
受けたいと考えている企業は、金融・商社・音楽業界なのですが、
このようなスーツはだめでしょうか?
3010611B_10180_D.jpg


このスーツにワイシャツではなく、ブラウス(襟なし)を合わせたいです。
自分としては、こちらのスーツの方が似合うと思うし、自分をアピールできると思います。
就職活動は、いかに自分のよさを出すかが重要なのに、普段よりももっさりとした
田舎娘になってしまうのはもったいないと思います。

それとも個性を出してアピールというよりは、マナーが守れない。
出る杭は打たれる、社風に合わないと見られてしまうと思いますか?




A.
こういう質問、特に女性に多いですよね。
就職活動の際にアクセサリーやメイク、髪型、服装、、、色々悩むことでしょう。

まず原則として、就職活動の際には、定番の格好がいいでしょう。
それは、個性を一旦消すためです。

企業側はおしゃれができる、似合うかどうかを見ていません。
あえてスーツにしているのは、見た目の個性を消した上で、
内面の能力を測ろうとしているのです。

髪の色を変える。髪を伸ばす、アクセサリーをつける、付けまつげ、カラコン。

それは自分のプライベートの際に行えばいいのです。
あなたはこれから社会人になろうとしているのです。

企業によっては、自由な社風もあるかも知れませんが、少数です。
ほとんどの企業は上記のような考えでしょう。

学生から社会人になっていくための儀式が就職活動と考えればいいのです。
今までの自分から一皮むける。
それは、内面も外見も。

リクルートスーツは、「似合う」「似合わない」じゃあないんです。
そんなことはどうでもいいのです。
スーツなど外見などはどうでもいいのです。
「この学生はどんな個性を秘めているのか」が一番の関心事なのですから。

ここで付け加えますが、外見がどうでもいいといいましたが、
清潔感がないのは論外です。

さっぱりしている。清潔感がある。明るい印象を受ける。
人懐こい笑顔が見える。滑舌のいい話し方をしている。

そういう見た目は非常に重要な点になります。

今のあなたの「人からの見られ方」をしっかりと意識して
自分作りをしてください。

また、ぜひお越しくださいね。
               管理人より

当ブログの記事に共感していただけたら、また読みに来ていただけると嬉しいです。
読んでくれる方の数が多くなると、更新するヤル気に繋がります(^^)

 | HOME |  »

ごあいさつ

元人事課長

Author:元人事課長
当ブログにお越しいただきありがとうございます。
企業で人事課長をしていた経験を元に今就活をされている方のお役に立てればと運営をしております。
採用を勝ち得る人はどんな人材なのか。今必要なのは、コミュニケーション能力と人間的魅力。多くの方が採用を手にされることを心より願っております。
Twitterでも多くの情報を発信しています。ぜひフォローお願いします!Twitterボタン
Twitterブログパーツ

カテゴリ

スポンサードリンク

最新記事

全記事表示リンク

就職活動に役立つリンク

管理人おすすめリンク

ブログランキング

スポンサードリンク

スポンサードリンク

絶対内定2016---自己分析とキャリアデザインの描き方
絶対内定2016 エントリーシート・履歴書
(ギャッツビー) GATSBY ビジネスバッグ,Black,GB301
無敵のエントリーシート・自己分析・自己PR・志望動機 2016年 (内定請負漫画『銀のアンカー』式)
マイナビ2016オフィシャル就活BOOK 内定獲得のメソッド 自己分析 適職へ導く書き込み式ワークシート (マイナビ2016オフィシャル就活BOOK―内定獲得のメソッド)
人生はニャンとかなる! ―明日に幸福をまねく68の方法
まんがでわかる 7つの習慣
雑談力が上がる話し方―30秒でうちとける会話のルール
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。